完全個別指導・プロ家庭教師 KATEKYO学院 関東

  • 0120-00-1111
  • メール

栃木エリア 新着情報

[小山駅前校] [宇都宮駅前校] [宇都宮東口校]
[大田原住吉校] [新鹿沼駅前校]

【鹿沼事務局・萩原先生作成】事務局ブログ 春一番 2//7

2022年2月7日 by KATEKYO学院 栃木

KATEKYO学院・鹿沼教室 春一番 2/7

みなさん、こんにちは。
 暦の上では立春、春の始まりを予感させてくれる季節になりましたが、まだまだ寒い日が続きますね。まん延防止法も適用され、予断を許さない時期が続きますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。鹿沼教室では、連日、受験生も、また非受験の学年の生徒さんも勉強に励まれているようです。

 さて、今回は、冬の終わりの時期から春の初めにかけて吹く「春一番」について書いてみようかと思います。

 では「春一番」には定義のようなものがあるのでしょうか。私自身も、この春一番については曖昧な知識しか持ち合わせてなかったので、調べてみました。

 まずは、「春一番」が気象庁から発表される条件です。
関東地方では、
① 立春(2/4)から春分(3/21)までの期間に
② 日本海に低気圧がある条件で
③ 秒速8m以上の南からの風が吹き
④ 気温が前日よりも上がる
という、4つの条件を満たしたとき、その風を「春一番」と認定する。のだそうです。

 ちなみに昨年は、2月4日に関東地方で春一番が吹いたと発表されましたが、これは観測史上最も早い記録だったそうです。

 では、この春一番が吹くと、その言葉どおりその後気温は徐々に上がっていくのかと言えば、実は、気温が高くなるのは春一番が吹いた日の日中だけで、夜になると、風は相変わらず吹いているので気温がグッと下がり、昼夜の寒暖差が大きくなるため体調を崩しやすいとも言われているので、油断することなく注意しなければなりませんね。

 三寒四温という言葉が示す通り、これからの時期は、寒い日と暖かい日が交互にやってきますが、そのようにして確実に春に向かってきます。だからこそ余計に春が待ち遠しく、また愛おしく感じられるのかもしれませんね。


                    KATEKYO学院・鹿沼教室・教室長 萩原