完全個別指導・プロ家庭教師 KATEKYO学院 関東

  • 0120-00-1111
  • メール

栃木エリア 新着情報

[小山駅前校] [宇都宮駅前校] [宇都宮東口校]
[大田原住吉校] [新鹿沼駅前校]

【鹿沼事務局・萩原先生作成】事務局ブログ 犬?猫派? 1/31

2022年1月31日 by KATEKYO学院 栃木

KATEKYO学院・鹿沼教室だより 犬派?猫派? 1/31

生まれた時には既に我が家には猫がいて、新参者の私を横目遣いで見るとは無しに看過しながら、我が物顔で家の中を歩き回っていたくらいですから、自分にとっての猫という物体は、フライパンや鍋やお風呂の桶や物干し竿と同じくらいに家の中にあって然るべき存在で、とりたてて珍しいものではありませんでした。

 家に在籍した歴代の猫たちはどちらかと言うと我が儘な性格で、日々の餌をくれるからとりあえずは家を出ていくことなしに暮らしていますが、彼らの立場からすると、人間になどこびへつらうのは真っ平ゴメンで、特にあの長男が就寝する際に自分を毛布の中に無理やり押し込めて、添い寝を強要する振る舞いにはうんざりだといった、どこか冷めた目で箪笥のてっぺんからこちらを見下ろす姿が印象的だったりもしました。

 犬について言えば、幼いころ大きな犬に追いかけられたり、近所の家の犬に手を嚙まれたりしたこともあり、正直、ちょっと怖いという印象があります。

さて、「あなたは犬派ですか、それとも猫派ですか」という質問をよく耳にしますよね。上記のようなバックボーンがあってからか、私の場合はその類いの質問に対しては、常に「猫派」を主張し続けてきた気がします。

 ところがです、先日、訪問した友人宅に飼われていたティーカッププードルが痛く気に入ってしまい、「犬もいいな」なんて思えてきた始末。
先入観によって勝手に定義づけられてしまった概念というか、印象は恐ろしいものですね。

 今度の日曜日にはペットショップにでも行ってみようかなと思っています。

 これは、教科の好き嫌いにも言えると思います。嫌いだと思い込んで避けてきた教科も見方を変えてみると、案外好きになれるかもしれませんよ。

                   KATEKYO学院・鹿沼教室・教室長 萩原